一人親方は労災保険の特別加入のため組合に必ず加入しなければならないのか?

労災保険は雇用されている立場の人が仕事中や通勤途中に起きた出来事に起因したケガ・病気・障害、あるいは死亡した場合に保険給付を行う制度のため、通常、一人親方は労災保険に加入することができません。

でも、労災保険の特別加入というものがあり、労災保険への加入が可能です。

では、この特別加入の労災保険には必ず加入しなければならないのでしょうか。

加入が必須であるのか?また、加入する場合の疑問について調査してみました。

一人親方は労災保険の特別加入のため組合に必ず加入しなければならないのか?

労災保険特別加入

一人親方の労災保険への特別加入は任意(自由)です。

そのため、必ず加入しなければならない保険ではなく、「特別に任意に加入」する特別加入制度です。

が、一人親方の労災保険に加入していないと、受け入れてくれない現場もあります。

そうなると、特別加入が必須の条件となってきますね。

どうして、一人親方は労災保険に特別加入するのか?

どうして、一人親方は労災保険に特別加入するのかというと、主に以下のような理由からとなります。

  • 元請の現場に入場するために、労災保険への加入が必要
  • 万が一被災した場合に家族や元請に金銭的な迷惑をかけたくない

だいたいが、元請の現場に入場するため、というのが加入理由でしょう。

一人親方労災保険に加入するための条件は?

一人親方の労災保険に加入するための条件は

  • 労働者を使用せず一人で仕事を請け負っている一人親方
  • 労働者を使用する、もしくはしている場合は、労働者を使用する日の合計が1年間に100日未満の一人親方
  • 一人親方の家族従事者
  • 労働者を使用せず、法人(会社)で役員のみで仕事をしている者。

となっています。

基本的に個人事業主として、労働者(パート・アルバイト・日雇い等)を使用せず、一人で建設業に従事する人を一人親方と言います。

一人親方の労災保険に加入する際に必要な身分証明は?

では、実際に労災保険に加入しなければならなくなった場合に必要となる身分証明はどのようなものになるか説明します。

顔写真付き身分証明書(この場合は1点でOK)

運転免許証、パスポート、電気工事士免状その他、官公庁や特殊法人等が発行した身分証明書で顔写真付きのもの

顔写真なし身分証明書(この場合は2点必要)

健康保険、国民健康保険等の被保険者証、国民年金手帳その他、官公庁や特殊法人等が発行した身分証明書で顔写真なしのもの

加入する組合によって異なる場合がありますので、必ず事前に確認するようにしましょう。

一人親方労災保険組合に「短期加入」することはできるのか?

元請の現場では労災保険に加入していないと入場できないことが分かったため、加入することにしましたが、その現場への入場は1か月程度の短期の現場。

そんな時、短期での労災保険への加入ができるのか気になるところだと思います。

これについては、労災保険組合によっても異なりますが、短期加入制度を設定している組合もあります。

よって、最初から短期加入で良い、と分かっている場合には、短期加入制度がある労災組合を探すのも手だと思います。

18歳未満でも一人親方労災保険に特別加入することはできるのか?

元請の現場では労災保険の特別加入が必須ということが分かりましたが、自分はまだ18歳未満。

18歳未満でも労災保険の特別加入ができるのか?というところですが、18歳未満でも労災保険の特別加入は可能です。

ただし、労災保険の特別加入を必須としている現場において、18歳未満の一人親方の入場が認められるのかの方が気になります。

事前に確認を取ってから加入した方がよいでしょう。

ちなみに、家族従事者(親子・配偶者・兄弟)は一人親方労災保険に特別加入できます。

子供さんが18歳未満の場合、同居の親族も「一人親方」の扱いとなるので、労災保険の特別加入ができます。

子供と二人で仕事をしている一人親方であれば、子供を家族従事者として一人親方労災保険に特別加入することができます。

一人親方の労災保険特別加入のまとめ

一人親方の労災保険の特別加入は必須ではありませんが、

  • 元請が受け入れてくれない
  • 被災時の補償が期待できない

という理由から、労災保険への特別加入はしておいた方がよいのではないでしょうか。

労災組合については以下の記事を参考にしてください。

一人親方の労災保険の特別労災加入団体一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
名前はニックネームを推奨します。