安い!フルライン レーザー墨出し器メーカーのおすすめランキング【10万円以下】

墨出し器の需要は高まり続けています。しかし、数々の種類やブランドがある中で、どのレーザー墨出し器が最適なのか迷ってしまうことも少なくありません。

そこで今回は、おすすめのレーザー墨出し器を厳選し、選び方とともにトップ10ランキングをご紹介します。

人気のある商品を中心に、性能や価格、使い勝手などを考慮し、最新の情報をお届けします。

これからレーザー墨出し器を購入しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

建築で使える!10万円以下で買えるフルラインレーザー墨出し器おすすめ

このページでは10万円以下で安く購入できるおすすめのレーザー墨出し器をランキングで紹介しています。

安いからと言って使えないものでは困りますので、きちんと現場で使用できる品質を確保した信頼できるメーカーのものを選んでいます。

レーザー墨出し器とは、数本のレーザー光を、壁面・天井・床面に照射し、水平、直角などの基準となる線を出す工具です。

三本の脚で自立して、脚部台座から上の胴体部分にレーザー照射口があるものが一般的で、大工工事、軽量鉄骨・ボード工事、基礎工事などで使われています。

レーザー墨出し器にもいろいろとあるのですが、ここでは実用性の高いフルラインのレーザー墨出し器をご紹介します。

※ここで言う「フルライン」とは4方向の縦ラインに加え、切れ目のない360度水平に照射する最高スペックのレーザー墨出し器です。

フルラインのレーザー墨出し器だと、価格的には軽く10万円を超えてくるのですが、ここでは10万円以下で購入できるフルラインのレーザー墨出し器をご紹介します。

ただし、定価だと10万円を超えているものもありますので、購入する際は当サイトからのリンクで紹介しているWebショップで購入するようにしてくださいね。

レーザー墨出し器の選び方

レーザー墨出し器と言っても実はいろんなタイプがあります。

照射可能なライン数も違っていて、このサイトでご紹介しているのは、4方向の縦ラインに加え、切れ目のない360度水平に照射するタイプです。

DIYで使う場合は、値段も手ごろな縦1方向(垂直)と横180度(水平)を照射する2ラインタイプでも十分なことがあります。

ただし、電気工事・建築現場などの現場で使う場合は、2ラインではちょっと厳しいので、フルラインをおすすめします。

レーザー墨出し器を選ぶ際に重要なポイントは、照射ラインの数や色、屋外での使用に適した特徴、整準の方式、電源の持続性、そして自動追尾機能の有無です。

照射ラインの数とその重要性

レーザー墨出し器を選ぶ際に重要な要素の1つが、照射ラインの数です。

照射ラインの数が多いほど、作業効率が上がります。

特に大規模な工事現場や建設現場では、複数の照射ラインが必要とされることがあります。

照射ラインの数が多いレーザー墨出し器は、作業範囲を広くカバーすることができ、正確な作業をサポートします。

そのため、照射ラインの数はレーザー墨出し器を選ぶ際に重要なポイントとなります。

ラインの色と見やすさ

レーザー墨出し器を選ぶ際に重要なポイントの1つが、「ラインの色と見やすさ」です。

屋外での使用や明るい場所での作業においては、赤色のラインが見やすいとされています。

特に、赤色のラインは緑色の草木や植物の中でもっとも目立つ色とされており、視認性に優れています。

そのため、屋外での使用を想定する場合は、赤色のラインが付いたレーザー墨出し器を選ぶことをおすすめします。

また、赤色のラインは一般的に室内での使用にも適しており、幅広い環境で使いやすいと言えます。

これらのポイントを踏まえて、おすすめのレーザー墨出し器を選ぶ際には、ラインの色と見やすさにも注目してみてください。

屋外での使用に最適な機種の特徴

屋外での使用に最適な機種の特徴には、耐久性が非常に重要です。

屋外での使用には、様々な環境条件に耐えられる強固な設計が必要となります。

特に防水性や耐衝撃性が高いモデルを選ぶことが重要です。

また、明るい光の下でもはっきりと照射されることが求められるため、屋外で使用する場合は、高い照度に対応できる機種を選ぶことがおすすめです。

整準の方式と使いやすさ

整準の方式と使いやすさは、レーザー墨出し器を選ぶ際に非常に重要なポイントです。

レーザー墨出し器の整準方式には、水平面のみを表示する水平線方式と、垂直線と水平線を同時に表示する十字線方式の2種類があります。

水平線方式は基本的な測量に向いており、簡易な使用が可能です。

一方、十字線方式は正確な測量に適しており、建築現場などでの精密な作業に向いています。

また、使いやすさに関しては、操作性や持ち運びのしやすさ、耐久性などが重要な要素となります。

これらのポイントを踏まえて、おすすめのレーザー墨出し器を選ぶ際には整準の方式と使いやすさをしっかりと考慮することが大切です。

電源の方式と持続性

レーザー墨出し器の電源の方式と持続性は、使用する環境や作業時間によって重要な要素となります。

屋外での使用を考える場合は、バッテリー駆動のものが便利であり、持続性も重要なポイントとなります。

一方で、屋内での使用や長時間の作業を想定する場合は、AC電源によるモデルを選ぶことができます。

これらの要素を考慮して、電源の方式と持続性を確認して、自分の作業環境やニーズに合ったレーザー墨出し器を選ぶことが重要です。

自動追尾機能のメリット

自動追尾機能のメリットについて、レーザー墨出し器のおすすめ機種を選ぶ際には、自動追尾機能がどのようなメリットをもたらすのかを理解することが重要です。

自動追尾機能は、施工中にレーザー線が外部要因によってずれた場合でも自動で修正してくれる機能です。

これにより、継続的な正確な作業が可能となり、作業効率が向上します。

また、作業中に手動で線を修正する必要がなくなるため、作業者の負担も軽減されます。

自動追尾機能を備えたレーザー墨出し器は、特に屋外での使用や長時間の作業において大きなメリットを発揮します。

これらのポイントを踏まえて、おすすめのレーザー墨出し器を選ぶ際には、自動追尾機能の有無や性能をしっかりとチェックしましょう。

レーザー墨出し器のレーザーの色の選び方

レーザー墨出し器は、赤色とグリーンレーザーの2種類が基本です。

赤色レーザーは昔から使われているタイプで、割とリーズナブルな機種が多い印象です。価格重視なら赤いレーザーという選択でもよいと思います。

グリーンレーザーは赤色よりもはっきり見えて広い場所で使う場合にも最適です。以前は高価だったのですが、最近は10万円以下でも購入できるようになっています。

ここでご紹介しているものもグリーンレーザーで10万円をきっているので、特別な理由がなければグリーンを選べばよいと思います。

おすすめのフルラインレーザー墨出し器ランキング

VOICE フルライン グリーンレーザー墨出し器 Model-G8

VOICE フルライン グリーンレーザー墨出し器 Model-G8は、グリーンレーザーのフルラインレーザー墨出し器です。

専用のアプリを使ってスマホから操作ができます。例えば、照射ラインやライン光の変更も可能。

明るさは4段階に変更可能。最大にすることで、屋外での視認性も確保できます。

リチウムイオンバッテリーを使っていて、電池も長持ち。最大輝度で4.5時間。電池は標準で2つ付いているので、付けっぱなしでも9時間照射可能です。

タジマ レーザー墨出し器 フルライン ZERO-KJC

タジマ レーザー墨出し器 フルライン 【乾電池タイプ】 ZERO-KJCは、360°回転微調整機能など現場から要求される仕様をコンパクトなボディの中に実現しています。

360°回転微調整機能付きなので、本体がどの向きでも精密な地墨合わせが可能です。

軽量・コンパクト設計現場での持ち運びに便利で、安心のアルミ製キャリングケース付きです。

シンワ レーザーロボ フルライン Neo E Sensor 51AR

シンワ レーザーロボ フルライン Neo E Sensor 51ARは、振動に強いセンサー+モーター方式で、振動や揺れが大きい作業現場でも素早くライン決めができます。

360°回転可能な回転微調整ツマミ付で精密な基準合わせが可能。

ホコリの多い現場、急な雨でも安心の、防塵・防水構造ボディです。

ムラテックKDS 電子整準・高輝度フルラインレーザーDSL-92S

ムラテックKDS 電子整準・高輝度フルラインレーザー DSL-92Sは、振動が多い現場に強い電子整準方式のフルラインレーザー墨出し器です。

自動補正外に傾けても点滅しないライン。本体固定後のライン微調整は±3°まで可能となっています。

AC電源でも使えるので、長時間の使用でも安心なタイプです。

ボッシュ レーザー墨出し器 フルライン GLL8-40ELR

ボッシュ レーザー墨出し器 フルライン GLL8-40ELRは、電子整準方式を採用。

ジンバル式に比べ、振動・揺れに強く安定した照射が可能で、視認性に優れます。

また電子整準方式の墨出し器では圧倒的にコンパクトなボディを実現しています。

専用のACアダプター(別売)も使用することが可能です。

レーザー墨出し器の修理について

レーザー墨出し器につきものの故障。

購入時は故障時の修理保証についてもしっかりと確認しておきましょう。

通常、1年保証はついていますが、メーカーによっては、期間内の無償修理の回数が決まっていたりすることもあります。

購入する際は事前にチェックしておきたいポイントの一つです。

レーザー墨出し器のメーカー

今回紹介したレーザー墨出し器のメーカーさんです。

ほかにも例えばマキタさんなどの大手メーカーもありますが、今回は価格が合わなかったのでご紹介していません。

VOICE

レーザー墨出し器及び関連製品 企画・販売している会社です。

VOICEは、レーザー墨出し器の専門メーカーであり、グリーンレーザーを採用したレーザー墨出し器を販売しています。

VOICEのレーザー墨出し器は、高い精度と視認性を備えており、様々な作業現場で活躍しています。

また、VOICEは、保証後のメンテナンス費用を公開している唯一のメーカーでもあります。

VOICEのレーザー墨出し器には、5ライングリーンレーザー、3ライングリーンレーザー、2ライングリーンレーザー、5ラインレーザーなど、さまざまな種類があります。

VOICEのレーザー墨出し器に関する詳細情報は、公式サイトをご覧ください。

タジマ

1909年創業、コンベックス・LEDライト・ハーネス安全帯などの総合ツールメーカーです。

ムラテックKDS

建設用資材、メジャーなどの製造販売をする企業。村田機械のグループ会社

ボッシュ

ドイツのボッシュ・グループに属し、日本では自動車部品の開発・製造・販売、および自動車機器(アフター市場向け)や電動工具等の輸入・販売を行う会社です。

シンワ(シンワ測定株式会社)

新潟県三条市に本社を置く測定機器メーカー

屋外で使うときは、受光器とセットの利用をおすすめします

レーザー墨出し器はどうしても明るい屋外で使うとレーザーの光が見えにくくなってしまいます。

そんな時は受光器を使うことをおすすめします。

受光器は、レーザーを近づけると音で知らせてくれ、受光器の中心に来ると点灯するのでレーザーが見えづらい環境でも正確に位置が分かるようにできています。

ただし、受光器は通常別売りです。後から買い足すこともできますが、購入する機器に対応していないと使えないので、セット買うことをおすすめします。

レーザー墨出し器を選ぶ際のよくある質問

レーザー墨出し器を選ぶ際のよくある質問とその回答をまとめました。

これからレーザー墨出し器を購入しようと考えている方は、以下のポイントを参考にしてください。

Q: レーザー墨出し器の照射ラインの数は重要ですか?
A: はい、照射ラインの数は重要です。1本の線よりも複数の線がある方が、測定や作業の精度が上がります。

Q: 屋外で使用する場合、どのような機種がおすすめですか?
A: 屋外で使用する場合は、明るい光の中でも見やすい線が引ける機種がおすすめです。また、防水・防塵性能の高いものも選ぶと良いでしょう。

Q: レーザー墨出し器の電源方式はどのように選べば良いですか?
A: 電源方式は、充電式や交流電源、乾電池などがあります。使用頻度や作業環境に合わせて適した電源方式を選ぶことが重要です。

Q: 照射ラインの数とその重要性について教えてください。
A: レーザー墨出し器の照射ラインの数は、作業効率や正確性に大きく影響します。特に建築現場などでの使用では、複数の照射ラインがあると非常に便利です。

Q: ラインの色と見やすさについて教えてください。
A: レーザー墨出し器のラインの色は、作業環境や明るさによって見やすさが変わります。屋外での使用を考える場合は、明るい環境でもっとも見やすい色を選ぶことが重要です。

Q: 屋外での使用に最適な機種の特徴は何ですか?
A: 屋外での使用に適したレーザー墨出し器は防塵・防水性能が高いことが重要です。また、明るい環境でもしっかりと照射できる強力なレーザーモジュールを搭載していることもポイントです。

レーザー墨出し器の保守とメンテナンス

レーザー墨出し器の保守とメンテナンスは、長期間安定して使用するために非常に重要です。

日常のお手入れ方法としては、定期的なレーザーの校正と清掃が必要です。

特に屋外での使用を想定している場合は、防塵や防水性能のチェックも忘れずに行いましょう。

さらに、レーザー墨出し器の電源方式やバッテリーの持続性についても注意が必要です。

長期間安定して使用するためには、メーカーが推奨する方法での保守とメンテナンスを定期的に行うことが重要です。

日常のお手入れ方法

レーザー墨出し器の日常のお手入れ方法は、定期的なメンテナンスが重要です。

まず、使用後は必ず本体を清掃し、埃や汚れを取り除きましょう。

また、バッテリーの残量を定期的に確認し、必要に応じて充電を行ってください。

さらに、照射ラインの精度を保つために、レーザーの調整やキャリブレーションを定期的に行うことも大切です。

これらの日常のお手入れ方法を実践することで、レーザー墨出し器の性能を維持し、安定した使用が可能となります。

長期間安定して使用するためのコツ

レーザー墨出し器を長期間安定して使用するためのコツは、定期的なメンテナンスと適切な保管です。

使用後は、きれいな布でしっかりと拭いてから保管しましょう。

また、電源の方式や自動追尾機能の適切な使用方法も重要です。

これらのポイントを押さえて、おすすめのレーザー墨出し器を長く安定して使用しましょう。

まとめ

レーザー墨出し器を選ぶ際には、照射ラインの数や色、屋外での使用に適した特徴、整準の方式、電源の持続性、そして自動追尾機能の有無など、様々なポイントを考慮する必要があります。

おすすめのレーザー墨出し器はそれぞれ特徴があり、用途に合わせて選ぶことが重要です。

また、レーザー墨出し器を長期間安定して使用するためには、日常のお手入れや適切なメンテナンスが欠かせません。

これらのポイントを再確認し、製品を選ぶ際の参考にしてください。


「転職」考えたことありませんか?今すぐじゃなくても転職のことを少しでも考えるのであれば、とりあえず↓ここ↓に登録しておくと良いですよ。
良い仕事も紹介してくれるし、しつこくもないところなので。


型枠、とび、鉄筋工を探しているなら「WEB工務店」
登録は↓こちら↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
名前はニックネームを推奨します。