新型コロナウイルススーパーゼネコンの工事状況と動向

新型コロナウイルスの影響で工事を中止している建設会社が多かったですが、スーパーゼネコンの現在の状況をまとめてみました。

新型コロナウイルススーパーゼネコンの工事状況と動向

新型コロナウイルスの影響でスーパーゼネコンが工事を中止していましたが、現在の最新の情報をまとめてみました。

清水建設

清水建設は、新型コロナウイルスで作業員から死亡者が出てしまった(現在のところ)唯一のスーパーゼネコンですが、新型コロナウイルス感染症の対策で閉所していた工事現場を、7日から順次再開しています。

国土交通省のガイドラインと、同社が設定した安全ルールを満たす管理体制が整った作業所から、関係者と協議した上で再開しています。

同社は、政府が緊急事態宣言を5月31日まで延長したことを踏まえ、雇用の確保など経済活動の維持のために工事を進めることも重要と判断。

社員や作業員の生命・安全を最優先事項として、感染拡大防止対策を一層強化・徹底することで、再開に踏み切っています。

鹿島建設

鹿島建設は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策で閉所していた工事現場を、7日から順次再開しています。

同社は、感染防止への管理体制が整った作業所から関係者と協議し、理解を得た上で再開してます。

また、政府が緊急事態宣言を5月31日まで延長したことを踏まえ、社員や作業員の命と安全を最優先し、感染拡大防止対策の一層の強化、徹底を継続するとしている。

 

大林組

大林組は、緊急事態宣言の期間延長に伴い、施工の中断を5月31日まで継続しています。

個々の工事状況を検証の上、発注者と協議し、合意を得られたものについて中断を継続する。

また、国内全域のオフィス部門も「原則テレワーク実施」を、5月31日まで延長する。

現時点でも唯一の基本工事中止の方針のスーパーゼネコンです。

竹中工務店と大成建設

大型連休に合わせた休業の期間を例年より延長していましたが、予定どおり今月11日から工事を進めています。

 

新型コロナウイルススーパーゼネコンの工事状況と動向まとめ

大林組以外は工事を再開している状況です。

新型コロナウイルスの感染拡大が多少抑えられているような気がしますので、このまま気を引き締めて感染防止に努めながら、工事等が進められるようにしたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。