一人親方は職長教育、安全衛生責任者教育を受けていなければならないのか?

一人親方でも職長教育や安全衛生責任者教育を受けていなければならないのでしょうか?

一人親方は職長教育、安全衛生責任者教育を受けていなければならないのか?

結論から言うと、法的には職長教育、安全衛生責任者教育を受ける必要はありません

 

というのも、一人親方は労働基準法上の「労働者」とはみなされないのです。

よって、労働安全衛生法に定められた各種の安全衛生教育についも、一人親方は対象とならないので、職長教育、安全衛生責任者教育を受けていなくても法的には問題にならない、ということになります。

ただし、受ける必要がないというのは、一方で「安全衛生に関する基本的な知識を十分身につける機会が得られていない」などの問題が存在することにもなります。

そのため、建設業労働災害防止協会では、「建設業の一人親方等に対する安全衛生教育支援事業」というものを実施し、一人親方の安全衛生に関する基本的な知識を身につける機会を提供しています。

建設業の一人親方等に対する安全衛生教育支援事業
https://www.kensaibou.or.jp/safe_tech/single_master/index.html

一人親方でも職長教育を受けていないと現場に入場できない?

上記の通り法的には職長教育、安全衛生責任者教育を受けていなくても問題はありませんが、元請によっては一人親方にも職長教育、安全衛生責任者教育を受けることを入場の条件としているところがあるようです。

その場合は、法的な問題とは別に仕方がないことだと思います。

先の説明通り、一人親方については安全衛生に関する知識を得る機会がないのが現状ですので、安全性を考えた場合に、職長教育、安全衛生責任者教育を受けていない作業員を入場させるわけにはいかない、ということだと思います。

 

ちなみに上記で紹介した建災防の講習は無料で知識・経験豊かな建設安全の専門家が、現場での安全衛生についての教育をしてくれるもので、テキストや教材等も無料で配布してもらえます。

そして、この教育を受けると、修了証を出してもらえます。

ただ、この修了証が職長教育、安全衛生責任者教育の代わりになるかというと、それは元請次第でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。