一人親方の注文書、注文請書、契約書の書き方ダウンロード

 

一人親方の注文書、注文請書、契約書の書き方

一人親方さんだと口頭で契約(これを契約と言ってよいのかわかりませんが。。)して工事をしてもらっていることが多いと思います。

口頭での契約にしていると元請会社や上位の下請け会社との間でトラブルになることもあります。

そのため、書面による請負契約を締結する必要があります。

建設工事の請負契約の当事者である元請負人と下請負人は、対等な立場で契約すべきとなっていて、建設業法第19条第1項により契約書を交わすことが義務付けられています。

※払う、払わないのトラブルが多いからこうやって建設業法でも契約書を交わすように義務付けられているわけです。

なかなか一人親方側から言うのも大変だと思いますが、しっかりと契約を交わしておかないと後で泣くことになります。

一人親方の契約とは?注文書、注文請書の内容とは?

一人親方でも、大手のゼネコンや下請会社でも、請負契約の内容に違いはありません。

建設業法第19条第1項により定められた必要な項目の記載が必要です。

必要な項目は以下の14項目。

① 工事内容
② 請負代金の額
③ 工事着手の時期及び工事完成の時期
④ 請負代金の全部又は一部の前金払又は出来形部分に対する支払の定めをするときは、その支払の時期及び方法
⑤ 当事者の一方から設計変更又は工事着手の延期若しくは工事の全部若しくは 一部の中止の申出があった場合における工期の変更、請負代金の額の変更又は 損害の負担及びそれらの額の算定方法に関する定め
⑥ 天災その他不可抗力による工期の変更又は損害の負担及びその額の算定方法 に関する定め
⑦ 価格等(物価統制令(昭和21年勅令第118号)第2条に規定する価格等 をいう。)の変動若しくは変更に基づく請負代金の額又は工事内容の変更
⑧ 工事の施工により第三者が損害を受けた場合における賠償金の負担に関する定め
⑨ 注文者が工事に使用する資材を提供し、又は建設機械その他の機械を貸与するときは、その内容及び方法に関する定め
⑩ 注文者が工事の全部又は一部の完成を確認するための検査の時期及び方法並びに引渡しの時期
⑪ 工事完成後における請負代金の支払の時期及び方法
⑫ 工事の目的物の瑕疵を担保すべき責任又は当該責任の履行に関して講ずべき保証保険契約の締結その他の措置に関する定めをするときは、その内容
⑬ 各当事者の履行の遅滞その他債務の不履行の場合における遅延利息、違約金その他の損害金
⑭ 契約に関する紛争の解決方法

建設工事の請負契約の当事者は、契約の締結に際して上記の事項を書面に記載し、署名又は記名押印をして相互に交付しなければなりません。

これだけ見るとなんだか面倒で大変ですね。

一人親方の注文書、注文請書の例のダウンロード

ある程度の規模の元請け、上位下請であれば契約書(注文書、注文請書)のひな形を持っていると思いますが、結構「それなに?」という場合も多いかと。

さすがに契約内容や約款までをテンプレートとして配布することはできませんが、注文書、注文請書のサンプルは作りましたので、ご利用ください。

この注文書・請書に「契約約款」を添付するのが良いと思います。

他のフォーマット同様緑色のところに入力すれば大丈夫です。

一人親方用の注文書、注文請書をダウンロードするためには以下にメールアドレスを入力して送信してください。

ダウンロードリンクが記載されたメールが届きます。


 

建設工事標準下請契約約款については国土交通省から配布されていますので、そちらを参照してください。

https://www.mlit.go.jp/common/001196364.pdf

 

好条件の案件がたくさんあります↓無料なのでとりあえず登録しておかないと損します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。