全建統一様式第5号 作業員名簿作成の目的・主旨

「作業員名簿」の目的・主旨とは?

全建統一様式第5号 作業員名簿ですが、その名簿作成の目的・主旨を知っていますか?

主に以下3つの目的から作成しているものです。

1、工程上の作業員の把握

工事開始から竣工までの間、工程に応じた各業者の入退場に際し、作業員の現状を常時把握するために「作業員名簿」を作成して整理しておくことが必要となる。

2、リスク管理

「作業員名簿」は特定された法的な規定はないが、災害発生時の緊急連絡先や作業員の健康状態および教育・資格・免許等の把握等、関係請負人の確認事項であり、リスク管理上必要な書類である。

3、作業員の資格等の取得状況把握

元方事業者は作業員の安全衛生に係る教育・資格・免許取得状況を把握するよう、関係請負人に指導し、事前にこれらの事項を通知させ、これを把握しておくことが必要である。

 

発注者から工事を請け負った元請会社は、使用する下請会社の作業員の情報をしっかりと把握し、工事を施工することが求められています。

なお、記載内容を証明する書類も一緒に提出しなければなりません。

例えば、資格証明書や免許などは免許や資格証のコピーをあわせて提出する必要があります。

そのほか、18歳未満の作業員が入る場合は年齢証明書(住民票記載事項証明書)も添付します。

添付書類については、元請会社によって必要な書類が異なります。

不明な場合はあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。