参考様式第5号 作業間連絡調整書

参考様式第5号 作業間連絡調整書 のエクセル版のダウンロードサイトです。

参考様式第5号 作業間連絡調整書とは?

建築工事は多くの協力業者が入り乱れた状態で作業をしています。

その工事が進むにつれ

  • 作業内容
  • 作業状況
  • 危険箇所

などが日々変化します。

この作業間連絡調整書を使い、協力業者を含め連絡を密にして、関係者が工事の進捗状況や危険箇所等の状況を把握することで、労働災害を防止することを目的としたものです。

参考様式第5号 作業間連絡調整書ダウンロード

ダウンロードするためには以下にメールアドレスを入力して送信してください。

ダウンロードリンクが記載されたメールが届きます。


総括安全衛生責任者とは?

統括安全衛生責任者とは、特定元方事業者の事業所で、特定元方事業者の労働者及び協力会社の労働者の労働災害を防止するために統括管理する人のことです。

統括安全衛生責任者は、特定元方事業者の従業員と関係請負人の従業員の合計が50人以上(ずい道建設、橋梁建設など特定の仕事では30人以上)の場合、選任が義務づけられています。

「統括安全衛生責任者」の専任には特別必要な免許等はありません。

通常は「現場所長」が選任されることがほとんどだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
名前はニックネームを推奨します。