建設キャリアアップシステムとは?そろそろ知っておかないとまずいのでは?

建設キャリアアップシステムとは?そろそろ知っておかないとまずいのでは?

建設キャリアアップシステム(以下CCUS)とは、一言でいうと

「建設業に携わっている職人さんの実力がわかる情報が入ったカード」

です。

2019年から本格的にCCUSが始まりました。

そして、2020年以降は外国人就労者、実習生は登録が必須になっています。(新規登録の場合)

CCUSは技能者の就業実績や資格を登録して、ICカードで確認できるようにする、技能者の経験を見える化するためのシステムです。

CCUSの使い方

毎日現場にきたらカードをカードリーダにタッチするだけ。

たったこれだけです。

カードを発行するまでは手間かもしれませんが、発行してしまえばあとは現場にあるカードリーダにタッチするだけなので、らくちんです。

CCUSのメリット

メリットは以下3つ。

  1. 毎日の仕事を記録として残す
  2. いつでも就業履歴を確認できる
  3. 現場が変わっても記録が引き継がれる

1、毎日の仕事を記録として残す

毎日現場で働いた経験を記録してシステムに蓄積することができます。

2、いつでも就業履歴を確認できる

パソコンやスマートフォンでも確認することができます。
確認できるものは
生年月日
職種
就業履歴
保有資格
社会保険加入状況
です。

履歴書や経歴証明書を書く場合にも役立ちます。

3、現場が変わっても記録が引き継がれる

現場が変わってもカードはそのまま使えます。

CCUSを使えばどの現場へ行っても就業履歴をためることができます。

 

CCUSのレベル

CCUSにはレベルがあってカードの色が違います。

  • レベル1:白
  • レベル2:青
  • レベル3:銀
  • レベル4:金

目指せゴールドカードという感じですね。

 

気になる登録料はこちらをチェックしてください。

建設キャリアアップシステムにかかる費用は一体いくら?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。