全建統一様式が更新!一号特定技能外国人枠がとうとう追加される

2020年3月1日にやっとこさ全建統一様式が更新されました。

国交省で施工体制台帳、再下請負通知書のフォーマットを更新したのが、2019年4月1日ですから、更新までに1年近くかかったということになりますね。

なお、改訂された内容は一号特定技能外国人だけではないようですので、その内容をチェックしてみました。

全建統一様式が更新!一号特定技能外国人枠がとうとう追加される

主な改訂内容

主な改訂内容は以下の通りです。

全建統一様式第3号 施工体制台帳

1号特定技能外国人の従事の状況(有無)を追加

全建統一様式第1号 – 甲 再下請負通知書

1号特定技能外国人の従事の状況(有無)を追加

様式第1号 – 甲 – 別紙 外国人建設就労者等建設現場入場届出書

「外国人材建設就労者」のみを対象とした外国人建設就労者等建設現場入場届出書を改め、「外国人建設就労者、1号特定技能外国人」を対象とした外国人建設就労者等建設現場入場届出書に改めた。

参考様式第4号 新規入場者調査票

特別教育のチェック欄に「足場の組立て等」、「ロープ高所作業」、「フルハーネス型安全帯」を追加

参考様式第5号 作業間連絡調整書

特別教育のチェック欄に「足場の組立て等」、「ロープ高所作業」、「フルハーネス型安全帯」を追加

 

上記はあくまでも主な改訂内容なので、ほかにも改訂されている内容があれば追ってこのページでご紹介します。

以下をクリックしてくれると励みになります!
にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。