公共工事設計労務単価が最高値を更新!

令和2年3月から適用する公共工事設計労務単価が最高値を更新!

令和2年3月から適用する公共工事設計労務単価が、全国全職種単純平均で対前年度比2.5%引き上げられます。

そして、全国全職種加重平均値が20,214円と、最高値を更新しています。

とうとう、2万円の大台を突破しました。

全職種でみた労務単価

全職種でみた場合の労務単価は以下の通り

  • 全国 20,214円 平成31年3月比:+2.5%
  • 被災三県※ 21,966円 平成31年3月比:+2.9%

※岩手県、宮城県、福島県の東日本大震災において特に甚大な被害を受けた県。

主要12職種でみた労務単価

主要12職種での労務単価は以下の通り

職種 全国平均値 平成31年度比
特殊作業員 22,137円 +1.90%
普通作業員 18,895円 +1.90%
軽作業員 14,517円 +2.10%
とび工 24,855円 +2.50%
鉄筋工 24,807円 +2.60%
運転手(特殊) 22,633円 +1.90%
運転手(一般) 19,675円 +1.90%
型枠工 25,146円 +2.60%
大工 23,315円 +2.40%
左官 24,202円 +2.60%
交通誘導警備員A 14,053円 +2.40%
交通誘導警備員B 12,321円 +2.20%

 

鉄筋工、型枠工、左官は前年比+2.6%の上昇です。

労務単価の全国平均の伸び率

労務単価は8年連続の引き上げとなっていますが、実は全国平均の伸び率は過去8年間では最小の数値となっています。

 

平成26年 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年 平成31年 令和2年
7.1% 4.2% 4.9% 3.4% 2.8% 3.3% 2.5%

 

とはいえ、伸び悩んでいる産業が多い中での、労務単価上昇は建設業にとっては良い話だと思います。

 

情報源:

http://www.mlit.go.jp/report/press/content/001328838.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。